引越しの費用を抑えるためのコツ【荷物を減らしておくことも大事】

年度末前後に集中する移動

男女

早めに業者との日程セット

サラリーマン生活を続けていると単身、家族持ちに関係なく、何度かの人事異動や転職の際、住まいの移動を経験する人が多くいます。移動先も同じ市内の近場だけでなく気候、風土の異なる地域や海外の遠隔地も考えられます。単身で近場へ移動する程度であれば家財道具が少ないので、引越し業者に依頼せずにバンか小型トラックを使って家族や友人の手助けを借りて搬出入すれば引っ越せます。運搬する車も自分の知り合いから借りられなければレンタカーを利用する方法もあります。ところが、家財道具が多くなったり、遠隔地への移動では費用がかかっても業者に依頼した方が無難のようです。作業の労力負担の大きさや作業中に家財道具を破損する可能性等を考えるとプロに任せた方がトラブルなしで済むはずです。もちろん、家財道具の梱包から搬出入、開梱までの作業すべてをプロに頼むと費用はフルにかかってきます。プロは搬出する家財道具の量を見て投入する作業員の人数を決めるわけです。引越し費用の大部分が作業員の人件費なので、梱包や開梱を自分たちで行って費用を抑えることも可能です。また、人々の移動する時期が毎年、年度末前後の2,3か月間に集中するので、引越し業者に依頼するにしても作業の繁忙期を外した方が費用も低く抑えられるメリットがあります。業者も平常時に抱えている作業員だけで作業依頼に応えられなければ臨時にアルバイトを確保する必要があるからです。従って、引越し業者を利用する場合、繁忙期や連休、土日等を外して業者見積もりを取って業者選択した方が費用の抑制になるだけでありません。作業の繁忙期が近づいてくると見積もりを取ろうとしても作業員の手配ができずに希望日に引越し作業できないケースも起こります。従って、移動する日程の目途が着いたらできるだけ早めに業者見積を取って引越し日程をセットしておくことが求められます。

Copyright© 2018 引越しの費用を抑えるためのコツ【荷物を減らしておくことも大事】 All Rights Reserved.